翻訳記事シリーズ「6ハウス・魂の成長を可能にする自己改善課題」をアップしました

School of Evolutionary Astrologyの英語サイトやその他の公になっている資料を翻訳してご紹介するシリーズの第3弾、「6ハウス・魂の成長を可能にする自己改善課題」をアップしました!

今回も進化占星術に多大な興味を寄せ下さり、常日頃占星術を様々な角度から研究されている、ホ□スコープ研究所主宰の相原あすかさん、そして相原さんにご協力下さっている翻訳チームのベッソンさんのご尽力により、記事をご紹介できる運びとなりました。

コロナ禍でテレワークになったり、仕事場で以前あった社交的要素が削ぎ落とされりして、純粋に6ハウス的な労働の要素がクローズアップされている方も多いのではないでしょうか。(私もそんな一人です)

最近仕事で悩んでいた時に、「仕事に本来称賛や報酬は必要なく、仕事は仕事で完結できるもの」という言葉をいただきました。

純粋にどんな要素があると魂が自己改善ができる、つまり、本当の意味での喜びを感じられる労働になるのか、そんなことを考えるヒントにもなる記事かもしれません。

なお、現在この翻訳プロジェクトは、有志のボランティアで行っております。
しかし、翻訳・校正は想像以上に時間と手間と頭が掛かる作業です。もし、こちらの記事がいいなと思った方は、
ぜひ下記リンクより任意の金額のご支援をお願いいたします。

↑初期設定300円となっておりますが、任意で変更できます。
https://www.paypal.com/paypalme/eajtrans/JPY300

Follow me!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる